ハラペーニョ

0
スコヴィル値
2,500 – 10,000 SHU
原産地 メキシコ

スポンサードリンク

メキシコ・ベラクルス州のハラパという街に起源を持つハラペーニョ・ペッパー。トウガラシ好きでなくとも、その名を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。比較的新しい品種でありながら、数あるトウガラシの中で名声を獲得している、最も有名なトウガラシの一つです。ハバネロと並びトウガラシの中で最も知名度が高いであろうこの品種は、辛さを表す時にハラペーニョの◯◯倍辛いという表現によく使われます。
ハラペーニョはトウガラシの王様とも言えます。辛すぎるトウガラシは通常のスーパーで見つかることはありませんが、ハラペーニョはベル・ペッパー(パプリカ)より遥かに高い辛さを持ちながらも、スーパーの棚ではそれらの香辛料の隣に置かれているので簡単に手に入れることができます。キッチンの内外におけるその汎用性の高さによって、アメリカでは香辛料の主力となっています。

(日本での入手方法についてはこちらの記事を参照)
日本だとハラペーニョはどこで買えるの?

jalapeno321431
ハラペーニョにはこの種類から派生した様々な品種があります。興味深いことに、ハラペーニョは名前の起源となったハラパではもはや育てられていませんが、メキシコの他の地域では広く栽培されており、メキシコ内の3つの農業地区で約40,000エーカー(161,840,000平米)の農地がこのタイプのトウガラシの栽培に充てられています。
アメリカにはハラペーニョが栽培されている土地が約5,500エーカーあり、そのほとんどがテキサス州とニューメキシコ州に存在します。アメリカ、メキシコ以外でも、より小規模な農家によってハラペーニョは世界中で栽培されています。
主な生産地であるメキシコでは、このトウガラシはフアチナンゴやチリ・ゴルドー、クアレスメノスといった名前でも知られています。

味と香り

jalapeno13
ハラペーニョはハバネロと並んで知名度が高いため、ものすごい辛さをイメージするかもしれませんが、実はハラペーニョはあなたが思っているほど辛くありません。他の「世界一辛い」と言われるトウガラシと比べると、トウガラシの辛さのモノサシとなっている「スコヴィル値」は低めで、どちらかというとマイルドなものに分類されます。これから「トウガラシをマスターしたい!」という人にとって、スコヴィル値がさらに上のものにチャレンジする前にトライするのに最適です。罰ゲームで人に食べさせるようなものではなく、ちょっと蹴りを入れられるような十分な辛さと灼熱感は持ちながらも、多くの人が楽しむことのできる味です。つまり、トウガラシとしてのニッチな側面を持ちながらも、世界中で多くのファンの心をつかむこともできる、まさに真のトウガラシなのです。
ハラペーニョはとても多肉質なトウガラシです。アジアやアフリカなどの他の地域で消費されているトウガラシと違い大きさも大きく、肉厚でずっしりとした重みがあります。そのクランチ感と甘い野菜のような風味によって、食感だけでも食べる人を楽しませてくれます。
通常、ハラペーニョは熟しきる前の緑色の段階で収穫をします。フレッシュなままで食べる場合は、完熟した赤色のものは「まあ食べられる」という程度のものなのであまり好まれません。ピクルスにする場合も緑色のものを使うことがほとんどです。赤いハラペーニョは緑色のものと比べるとかなり甘く、次の項目でご説明するチポトレを作るのに用いられます。

使い方

jalapeno15
ハラペーニョの使い方は実に様々です。ピクルスにしたり、ピーマンの肉詰めのように詰めものをしたもの、パン粉をまぶしてしっかりと揚げたものを楽しむ人もいれば、フレッシュなものやシンプルに他の料理の風味を豊かにするために加えられたものを好む人もいます。また、多種多様なホットソースやサルサにも使われており、世界的に有名なシラチャー・ホットソースが赤いハラペーニョを使って作られているのをご存じの方も多いでしょう。
しかし、ハラペーニョの最も一般的な使用法の一つはチポトレです。チポトレとはトウガラシの燻製のことです。

チポトレ

チポトレ


チポトレを作るために生産者はトウガラシがしぼんで乾燥するまで、農地で枝につけたままにしておきます。その後収穫し、それらを密封された燻製室に入れます。全てのハラペーニョがまんべんなく煙でいぶされるように、ハラペーニョ達は定期的にかき混ぜられます。3日から4日後でハラペーニョはチポトレとなり、市場に出る準備が整います。このチポトレは世界中で高い需要がある製品です。特にメキシコ料理やテクス・メクス料理(メキシコ風のアメリカ料理)で非常によく使われており、実際にそれらのレストランではあらゆる料理に何らかの形でチポトレが使われています。記憶になくとも、タコスやナチョス、トルティーヤやブリートなどでみなさんも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか?それだけでなく、その粗野でほんの少しの甘味を含んだ激しいスモーキーな辛味が、このトウガラシをメキシコ料理だけではなくスペイン料理、またお肉のマリネやサルサ、シチューといった数多くの料理に使われる素晴らしい添加物たらしめているのです。

栽培

ハラペーニョは播種後約3ヶ月ほどで収穫できるようになります。約90センチほどの高さになり、多くて約30個のサヤを付けます。実の長さは5〜9センチほどで、ポッド状の形をしています。シーズン中は、多くの実を収穫することができます。果実の成熟の終わりに向けて、色は緑から赤くなり始めます。このトウガラシは程よく乾燥した気候の中で一番よく育ちますが、暑く湿った地域でも繁茂します。

豆知識:ハラペーニョの発音と英語読み

ハラペーニョ(Jalapeño)はJから始まりますが、これは「ハラペーニョ」という言葉がスペイン語だからです。スペイン語ではJはハ行の音で発音します。
詳しくは以下の記事を参考にしてください!
ハラペーニョの語源は?英語での発音は?

Share.

Leave A Reply