ハラペーニョが売ってない!どこで買えるの?

0

アメリカではトウガラシと言ったらハラペーニョかハバネロ、スコッチボネットなどですが、残念ながら日本でハラペーニョが買える場所は多くありません。
ただあの肉厚なシャキシャキ感、そして同時に来るピリッとした辛さは癖になってしまいます。そして辛すぎない適度な辛さのハラペーニョは料理の味方なのですが、なぜか日本ではそれほど一般的ではないようです。この記事では日本でのハラペーニョの入手方法を紹介します。
選択肢は以下の通りです。入手が簡単な順から紹介しておきます。

1.ピクルスなどの加工品を買う
2.冷凍保存された生ハラペーニョをネットで購入する
3.旬の時期にフレッシュなハラペーニョをスーパーやネットなどで購入し、保存しておく
 →冷凍保存

スポンサードリンク

1 ピクルスなどの加工品を買う

jalapeno15
ハラペーニョの加工品は大きく2種類、ピクルスとチポトレ(乾燥燻製したもの)ですが日本で入手できるのはピクルスのみと言って良いでしょう。ハラペーニョのピクルスを日本で入手する方法は3つ。ネットで買う、実店舗で買う、自分で作るという選択肢です。自分で作るという選択肢は後で説明しますので、ネットか実店舗での購入を比較してみましょう。

選択肢1-1 加工品をネットで

やはり一番簡単で手軽な方法はamazonや楽天などの普段ネットで買物をしているサイトでピクルスを買うことです。デメリットとして1個当りの単価は高くなる傾向があります。例えば取材用に購入したラ・コステーニャ ハラペーニョ・ホールはカルディで360円だったものがamazonで購入すると810円になってしまいます。普通は賞味期限が3年近く持つものなので、買いだめするのであればカルディなど実店舗で買える所で大量に買うのが良いかもしれません。ただラ・コステーニャ ハラペーニョのホールは価格差2倍以上、450円という極端な差でしたが、ホールではなくスライスだと486円、差額が126円しかなかったので一番近いカルディの店舗に電話して値段を確認し、ネットの価格を見て妥協できるかどうかを決めると良いのではないでしょうか。

選択肢1-2 加工品を実店舗で

一方実店舗でハラペーニョのピクルスを販売している可能性があるとすればカルディなどの輸入食品販売店か、成城石井などの高級スーパーです。
リンク: カルディコーヒー店舗検索
高級スーパーである成城石井でも売っている可能性がありますが、立地や時期によって取り扱っていない店舗も多いようです。基本的には期待しない方が良いですが、東京だったら紀伊国屋、明治屋などを探してみても良いかもしれません。ただ輸入食品販売店以外では置いていない可能性のが大きいため、来店前に事前に電話で確認すると良いでしょう。

2 冷凍保存された生ハラペーニョをネットで購入する

jalapeno23
こちらは生のハラペーニョを入手できます。年中手に入りますし、業者が適切な方法で冷凍保管していたハラペーニョであれば解凍すればシャキッとしたハラペーニョらしい歯ごたえを感じることができます。個人的には一番お勧めの方法ですし、生のハラペーニョが売ってない時期や地域で生のハラペーニョを入手したい場合はこれ以外の選択肢はありません。
ペッパーフレンズ
70g 291円
500g 1234円

メキシコ料理ドットコム(注文は電話のみ)
100g 485円
1kg 3240円

3 旬の時期にフレッシュなハラペーニョをスーパーやネットなどで購入し、冷凍保存しておく

jalapeno26

選択肢3-1 フレッシュハラペーニョをネットで購入する

先ほどのペッパーフレンズさんなどのネットショップが夏の間は収穫したてのハラペーニョも出荷しているようですので、生鮮食品のネット購入に抵抗のない方はネットで買うのが一番簡単でしょう。

選択肢3-2 フレッシュハラペーニョをスーパーなど実店舗で購入する

スーパーで購入できるかどうかは運で決まると言っても過言ではないでしょう。悲しいですが日本の一般家庭にハラペーニョの需要は殆どないため、ハラペーニョをスーパーが仕入れるかどうかはそのスーパーの担当者の気持ち一つで決まってしまいます。フレッシュハラペーニョは日本では8月を中心に6月〜10月まで市場に出回ることが多いです。冷凍保存できるためとにかく見つけたら買っておくと良いでしょう。

購入後、使い切れないハラペーニョはすぐに冷凍しましょう

ネットやスーパーでフレッシュハラペーニョを入手出来たら、使い切れない分は冷凍保存しておきましょう。洗わずにジップロックに入れてそのまま冷凍庫に入れて問題ありません。ただ業務用の冷凍庫と家庭用の冷凍庫はそもそもスペックが異なります。さらに業務用は業者が冷凍庫を開けるタイミングも考えて管理しますが家庭用は頻繁に出し入れするため、出し入れする度に温度が変化しきちんと品質管理するのは難しくなってしまいます。そのため冷凍保存しているとは言え早めに消費するのが好ましいでしょう。

Share.

About Author

麻辣油は飲み物です。

Leave A Reply