ハバネロ

0
スコヴィル値
200,000 – 300,000 SHU

スポンサードリンク

ストーリー

ハバネロはハラペーニョ、セラーノなどと並び世界で最も有名なトウガラシの品種の一つです。
ハバネロ(habañero)は名前の由来がキューバの首都ハバナ(Habana)である事から分かるように、主にユカタン半島を中心に中南米で広く栽培されています。
現在名前の由来に生ったキューバではほとんど生産されていません。
ハバネロには沢山の派生種があり、ギネスで10年以上1位に輝いたレッドサヴィナ種やカリビアンレッドなどがあります。
日本国内では東ハトの「暴君ハバネロ」がヒットしたことによって一気に知名度が上昇しました。
今ではハバネロは激辛トウガラシの代名詞となっています。

特徴

ハバネロはただ辛いだけではなく柑橘系のようなフルーティな香りがあるため、料理などに好んで利用されます。

栽培(Cultivation)

ハバネロは暖かい気候を好み、pH値5-6程度の土壌を好む。

Share.

Leave A Reply