唐辛子にサルモネラ菌の汚染リスクがあるとしてリコール カナダ

0

カナダのカナダ食品検査庁(Canadian Food Inspection Agency)のリコール通知によると、オンタリオのハーブ専門店「Canada Herb」が、サルモネラ菌の汚染リスクがあるとして、ベトナム産の赤唐辛子のリコールを行っているそうです。なお回収量は未公開となっています。

スポンサードリンク


Canada Herbはトウガラシをオンタリオの小売業者へすでに出荷していますが、サルモネラ菌がどのように発見されたかは公表されていません。

リコールが行われた時点では、この唐辛子でサルモネラ菌に感染したという報告はされていませんが、食品検査庁はこの唐辛子を食べないように注意を呼びかけています。

このサルモネラ菌のリスクのある唐辛子を見分ける方法は「Canada Herb」のブランドシール以外ありません。様々な重さやサイズで小分けされているので注意してください。
もし該当の唐辛子を食べた可能性があり、体調がすぐれない場合は医師の診断を仰ぐようにと当局は指示しています。

なおCanada Herbは2018年の10月にもノコギリコリアンダーにサルモネラ菌のリスクがあるとしてリコールを行っています。

Canada Herb brand Red Chili recalled due to Salmonella(カナダ食品検査庁)

Share.

Comments are closed.